以下のリンクより、本文、メニューへジャンプができます。

本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから本文です

仁坂吉伸の思い

新型コロナウィルス感染症対策(その46)-自分の庭先だけきれいにする-

2020年12月24日

 世界でももっとそうですが、日本でも全国的にコロナの感染は収まる兆しを見せず、感染者がどんどん出るものですから、病院のコロナ感染者用病床が逼迫し、特に重症者用病床がいっぱいになってきて、医療現場から悲鳴が上がってきています。それを受けて、医療の専門家や政府の感染症の...


新型コロナウイルス感染症対策(その45) -直近の和歌山県のコロナ感染状況と県民の皆様へのお願い-

2020年12月16日

 12月14日、標記のタイトルで記者会見を行いましたので、その内容を若干加筆して改めて皆様にお届けします。(記者会見の内容は HPhttps://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/000200/d00205983.htmlを見てください。)  まず和歌山県の最近の感染の動向を申し上げます。  まず、資料1から非常によく分か...


鳥インフルエンザ発生

2020年12月11日

1.12月9日、紀の川市の養鶏農場で鳥が一羽死に、他にも様子がおかしい鳥がいるという連絡が入りました。早速県の担当が急行し、簡易検査を行ったところ鳥インフルエンザ陽性だったので、本格的なウィルス用PCR検査を行いました。12月10日の早朝、高病原性鳥インフルエンザと判明しましたの...


新型コロナウィルス感染症対策(その44)-大阪が危ない。日本も危ない。-

2020年12月10日

 コロナの流行はとどまるところを知らず、今回の第3波は、特に高齢者に感染者が多く出たためもあって、重症化する人や亡くなる方も、第2波の時とは大いに違って、大変多くなっています。  特に大阪の感染はひどく、重症者も多いので、大阪の重症病床は、満床に近づいて、このままだと医...


継戦能力

2020年12月07日

 私は、行政が危機的課題を抱えている時、大事なことは継戦能力だと思います。行政を指揮しておりますと、時々大変な危機に遭遇いたします。自然災害に見舞われた時など特にそうであります。  和歌山県は2011年東日本大震災の傷跡も生々しいその秋に、紀伊半島大水害に襲われました。...


新型コロナウィルス感染症対策(その43)-県民向けテレビメッセージ11/29-

2020年12月01日

 最近、また全国的にコロナがどんどん流行ってまいりまして、全国的にどうしたらよいかという議論が盛んになってきています。  和歌山県でも、感染者が多くなってきていますので、県民の皆さんは、大変御心配のことと存じます。  和歌山県はどうしてくれるのだと思っておられる方もい...


このページのトップに戻る

にさか吉伸後援会事務所 和歌山市南汀丁11 岡畑ビル1階 電話番号 073-435-0150 FAX番号 073-435-0155