以下のリンクより、本文、メニューへジャンプができます。

本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから本文です

仁坂吉伸の思い

ワールドカップの監督

2014年06月30日

ワールドカップを熱心に見ています。残念ながら日本代表チームは力及ばず、グループリーグ敗退に終わりました。強いコロンビアを除くと、コートジボワール、ギリシャと一癖のある相手と一緒になって、2位通過も容易ではないなあと思っていましたが、心配通りの結果になって残念です。

 

でも、私はサッカーを見て楽しむことも好きなので、応援する日本がいなくなっても、やはり見るのはおもしろいと思います。昔から、結構よく見ているものですから、どこが強いとかどんな選手が強いとか、けっこう素人談義をするわけです。そういう目で見ておりますと、各チームの監督の采配が目につきます。

特に変だなあと思ったのは、スペインのデルボスケ監督です。前回の優勝チームを率いた名監督なのに、何でこんな選手の使い方をするんじゃと思うことが再三にわたり、そのせいかやっぱりチームは惨敗してしまいました。

第1戦のオランダ戦では、FWのビジャとMFのセスクをはずし、リードされると、シャビ・アロンソを引っ込めてFWのF・トーレスを出しました。トーレス選手は相手が弱いと大量得点しますが、強い相手とチームプレーでやり合う時は向いていないと私は思います。案の定ガタガタになって惨敗しました。どうしてビジャを出さないのかと言っていたら、第2戦のチリ戦ではさらにゲームメーカーのシャビ選手も出しませんでした。これも惨敗です。そして第3戦ようやくビジャを出したら、ちゃんと先取点を取りました。

多分何か事情があったと思いますが、つくづく監督の采配は難しいと思いました。

日本のザッケローニ監督もそんなにひどいとは思いませんでしたが、何故あそこであんな選手交替をするかと思うこともありました。

チーム和歌山県庁を率いているのは、今は私です。心して監督業に精を出さねばと思います。適所適材の人事と選手が動きやすいような采配、いつも反省して最善を尽くしたいと思います。

« »

このページのトップに戻る

にさか吉伸後援会事務所 和歌山市南汀丁11 岡畑ビル1階 電話番号 073-435-0150 FAX番号 073-435-0155