以下のリンクより、本文、メニューへジャンプができます。

本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから本文です

仁坂吉伸の思い

ワールドカップについてもう一度

2014年07月14日

ワールドカップもドイツの優勝で終わってしまいました。ちょうど出勤前に少し早起きすればテレビで見る事ができたので、よく見ていました。

中々素晴らしい試合が多く、楽しみでしたが、終わってしまって残念です。

負けたチームは次々と故国に帰ります。勝ったドイツが本国で大歓迎を受けたことはもちろんですが、負けたチームも大多数のチームは、よくやったとそれぞれの国民が健闘を讃えているシーンがテレビのニュースでよく報道されました。例外は韓国で、予選リーグで負けて帰ってきたチームの面々に、空港に出かけた韓国民が罵声を浴びせたところが報道されていました。中にはキャラメルかキャンディーかを投げて、「これでもなめてろ」と言ったとか言わなかったとか。韓国の選手だって国の威信をかけて一生懸命戦ったのに、思うように勝てなかったからと言ってこれではいけません。最近の韓国の国民の言動を見て、「もう少し心を磨かんといかんな」と思うところがあります。

日本はどうだったでしょうか。史上最強のチームと言われた日本チームも期待は高かったものの、一分二敗と予選リーグを突破できませんでした。しかし、日本のファンは帰国する日本チームを空港に大勢で出迎えて、大いに健闘を讃えました。ワールドカップ会場で、後をきれいに掃除した日本人サポーターの方々と共に日本の素晴らしいことを証明した事例だと思いました。

しかし、一つだけ気にかかることがありました。帰国した代表チームメンバーに笑顔がなかったことです。不本意に負けてしまって、ファンにあわす顔がなかったのでしょう。しかし、大勢のファンが同じく悲しく悔しい思いをしながらも空港にあんなに来てくれて励ましてくれているのですから、ぶすっとした顔を見せてはいけません。笑顔が出なければ頭をちょっと下げて感謝の意を表わすとか会釈するとか紳士の対応があっても良かったと思います。

« »

このページのトップに戻る

にさか吉伸後援会事務所 和歌山市南汀丁11 岡畑ビル1階 電話番号 073-435-0150 FAX番号 073-435-0155