以下のリンクより、本文、メニューへジャンプができます。

本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから本文です

仁坂吉伸の思い

春夏秋冬の心

2010年07月12日

病院協会の成川会長には、日頃から色々と有益な意見をいただいたり、お医者さん以外の病院関係者との意見交換会を組織していただいたり、大変お世話 になっておりますが、先生御自身は演説の名人でもいらっしゃいます。それも実に心を打つような内容のことを、古今東西の偉人の言説に言及しつつお話にな り、いつも感心して聞かせていただいています。

最近の会合で、また良いお話をお聞きしました。その時の言葉を御紹介します。

  • 人と接するに春の心
  • 仕事に及んで夏の心
  • 物を思う時は秋の心
  • 自分と向き合う時は冬の心

あんまり良い言葉なので、急いでメモ帳に書きとめました。

我々は、多くの人々と接して暮らしています。その人々とどう理解し合え、協力し合うかが大事であります。そんな時我々は、温かい春の心を持って、人と接しなければならないという事でしょうか。いつもにこにこ威張ることなく、がんばりたいと思います。

我々は、それぞれ仕事があります。特に我々公務員は任務があります。県民の皆さんに選ばれて県政を託されている知事にとっては、その任務に無限の情 熱を持たなければなりません。だから、かっかという夏の太陽のような情熱を持って、熱く県政を思わねばならないという事でしょうか。

ただし、情熱だけでは合格とは言えません。県民に付託を受けている限りは、どうすればその情熱が実現されるか、良い結果を出して人々を幸せにするた めには、事態の冷静な分析とあらゆる知識、経験を動員して政策手段を考え、それを最大限に効果あらしめる方法を考えなければなりません。秋のように冷静 に、しかもじっくりと。

そして、自分自身がおごってはいないか、理想を失って保身に走ってはいないか、新しい事態への勉強を怠ってはいないか、不幸と悲しみにとらわれてい る人々の気持ちを分からなくなってはいないか、尽くしてくれた人、ついて来てくれる人、協力してくれる人への感謝と恩義を忘れてはいないか、冬のような厳 しさで自分を見つめないといけないという事かと思います。

本当に良い言葉を聞きました。

2010年07月12日

病院協会の成川会長には、日頃から色々と有益な意見をいただいたり、お医者さん以外の病院関係者との意見交換会を組織していただいたり、大変お世話 になっておりますが、先生御自身は演説の名人でもいらっしゃいます。それも実に心を打つような内容のことを、古今東西の偉人の言説に言及しつつお話にな り、いつも感心して聞かせていただいています。

最近の会合で、また良いお話をお聞きしました。その時の言葉を御紹介します。

  • 人と接するに春の心
  • 仕事に及んで夏の心
  • 物を思う時は秋の心
  • 自分と向き合う時は冬の心

あんまり良い言葉なので、急いでメモ帳に書きとめました。

我々は、多くの人々と接して暮らしています。その人々とどう理解し合え、協力し合うかが大事であります。そんな時我々は、温かい春の心を持って、人と接しなければならないという事でしょうか。いつもにこにこ威張ることなく、がんばりたいと思います。

我々は、それぞれ仕事があります。特に我々公務員は任務があります。県民の皆さんに選ばれて県政を託されている知事にとっては、その任務に無限の情 熱を持たなければなりません。だから、かっかという夏の太陽のような情熱を持って、熱く県政を思わねばならないという事でしょうか。

ただし、情熱だけでは合格とは言えません。県民に付託を受けている限りは、どうすればその情熱が実現されるか、良い結果を出して人々を幸せにするた めには、事態の冷静な分析とあらゆる知識、経験を動員して政策手段を考え、それを最大限に効果あらしめる方法を考えなければなりません。秋のように冷静 に、しかもじっくりと。

そして、自分自身がおごってはいないか、理想を失って保身に走ってはいないか、新しい事態への勉強を怠ってはいないか、不幸と悲しみにとらわれてい る人々の気持ちを分からなくなってはいないか、尽くしてくれた人、ついて来てくれる人、協力してくれる人への感謝と恩義を忘れてはいないか、冬のような厳 しさで自分を見つめないといけないという事かと思います。

本当に良い言葉を聞きました。

仁坂 吉伸

« »

このページのトップに戻る

にさか吉伸後援会事務所 和歌山市南汀丁11 岡畑ビル1階 電話番号 073-435-0150 FAX番号 073-435-0155